SPbyMDとは


SPbyMDは、幸せに生きて幸せに死ぬことのできる北海道づくりを目指して、自殺予防に取り組む北海道のNPOです。多種多彩な分野に携わる"支援者側"を支援する事業を展開しています。

自殺対策業界全国初<対話法>導入

SPbyMDは、2019年2月17日〈対話法〉を組織として導入致しました。組織として〈対話法〉に取り組むのは、SPbyMDが全国2例目。自殺対策業界では全国初となります。

 

〈対話法〉とは、群馬県桐生市に所在する対話法研究所の所長:浅野良雄氏が考案したもので、従来からある傾聴・共感、事実確認などの技法と比べて、矛盾点が少なく一貫性のあるコミュニケーション理論です。これは、心理カウンセリングの基本的技法の一つである「相手の話の聞き方」(いわゆる傾聴技法)などを基にして、さまざまな立場や役割の人々が、あらゆる場面で使えるように極限まで簡略化されたものです。

 

〈対話法〉と確認型応答の特徴
■〈対話法〉は、相手の話を「聴く」だけでなく、意見や質問も含めて、聞き手の考えや気持ちを伝えることも重視します。
■確認型応答は、とかく違和感をもたれやすい「繰り返し」や「オウム返し」ではありません。
■傾聴や共感は心の中の動きなので目に見えませんが、確認型応答は、目に見える具体的な「行為」なので、コミュニケーション教育における指導や評価が容易になります。

(対話法研究所:http://www.taiwahou.com/

団体名とマークの由来

SPbyMDの公式ロゴマーク
SPbyMDの公式ロゴマーク

SPbyMDは、Suicide Prevention by Media Designを略したもので「メディアデザインを用いた自殺予防」という意味です。当団体は、北海道情報大学でメディアデザインを専攻していた代表理事が、メディアデザインを活かして自殺予防の普及啓発に取り組むべく、設立した団体です。それが最も始まりの設立の経緯です。

 

マークについて、幽霊・おばけ・天使などと誤解を受けることが多いのですが、クリオネです。

夢を叶える

みなさんは、"叶えたかったけど諦めていた将来の夢"を心に抱いていませんか?「小学校の頃は漫画を描くことが大好きで将来の夢は漫画家だった」「パソコンを教えるのが好きなのでパソコン教室のインストラクターに憧れていた」「自分の英会話力を活かして社会貢献がしたかった」などなど、SPbyMDには"叶えたかったけど諦めていた将来の夢"を心に抱いているメンバーが集まっています。そしては、SPbyMDはメンバー一人ひとりの「夢を叶える場でありたい」という想いを強く持っています。みなさんの夢、SPbyMDで活かして自殺予防活動に転じてみませんか?

交通アクセス

【所在地】北海道札幌市北区北8条西3丁目 公共施設札幌エルプラザ 2F

【JRの場合】JR札幌駅の北口より徒歩3分(地下道直結)

【地下鉄の場合】南北線北12条駅より徒歩5分

【マイカーの場合】公共施設札幌エルプラザ立体駐車場(20分毎100円)

札幌市厚別区民センターにて開講したセミナーの風景
札幌市厚別区民センターにて開講したセミナーの風景