ごあいさつ


幸せに生きて幸せに死ぬことのできる北海道を創る

SPbyMDは、幸せに生きて幸せに死ぬことのできる北海道を創ることにより、北海道における自殺対策の促進に寄与することを目的としているNPOです。

 

自殺とは、遺された人たちを悲しみと後悔の苦しみに至らせる「悲しい死」です。そして、本人との関係が親しいほど、自殺するほど抱えていた悩みや苦しみに気づいて救いきれなかった悲痛の想い、自責の念に長年苦しみ続けるケースが非常に多くあります。

 

SPbyMDは、このような「悲しい死」である自殺に追い込まれる人たちを一人でも多く減らし、幸せに生きて「幸せに死ぬ」ことのできる人たちを増やしたいと強く考えています。

 

2018年3月から『ゲートキーパー養成事業』をスタートし、北海道で多種多様な分野に携わる"支援者側を支援する事業"に力を入れています。北海道民一人ひとりが『自分にとって大切な人の自殺を未然に防ぐ命の門番の役目を果たせる』ようになること。つまり、北海道民一人ひとりがゲートキーパーとなること。これが私たちが描いている社会の理想像です。

 

一人ひとりが、お互いにお互いの命の門番として協力し合い支え合い生かし合うことのできる社会が、理念として掲げている『幸せに生きて幸せに死ぬことのできる北海道』であると考えています。私たちは、この尊い理念に使命感と誇りをもって活動に邁進し続けます。

自殺予防団体-SPbyMD- 代表理事 内田貴之
自殺予防団体-SPbyMD- 代表理事 内田貴之