団体理念


幸せに生きて幸せに死ぬことのできる北海道を創る

当団体は、幸せに生きて幸せに死ぬことのできる北海道を創ることにより、北海道における自殺対策の促進に寄与することを目的としています。自殺とは、遺された人たちを悲しみと後悔の苦しみに至らせる「悲しい死」です。そして、本人との関係が親しいほど、自殺するほど抱えていた悩みや苦しみに気づいて救いきれなかった悲痛の想い、自責の念に長年苦しみ続けるケースが非常に多くあります。当団体は、このような「悲しい死」である自殺に追い込まれる人たちを減らし、幸せに生きて「幸せに死ぬ」ことのできる人たちを増やしたいと強く考えています。広大で自然豊かな北海道が、道民一人ひとりが幸せに生きて幸せに死ぬことのできる北海道だと実感できるようになることを目指し、活動を展開して参ります。

活動方針


地元で自殺予防活動をはじめたい北海道民の支援に取り組む

当団体は、設立時より多種多彩な取り組みを展開して参りましたが、活動方針は一貫して、地元で自殺予防活動をはじめたい北海道民の支援に取り組み続けて参りました。当団体は、北海道全域を活動範囲とし、北海道に暮らす北海道民を活動対象としています。一人でも多くの北海道民が、自分の暮らす「地元」で「自殺予防活動をはじめたい」という想いを抱くようになっていただき、そうして、当団体がそのための支援を行います。

団体名


suicide prevention by media design

SPbyMDは、Suicide Prevention by Media Designを略したもので「メディアデザインを用いた自殺予防」という意味です。当団体は、北海道情報大学でメディアデザインを専攻していた代表理事が、メディアデザインを活かして自殺予防の普及啓発に取り組むべく、設立した団体です。それが最も始まりの設立の経緯です。現在でも、WEB・映像・グラフィックという媒体を用いて、自殺と対策の阻害となる偏見やタブー視の払拭、正しい認識の啓発を行なっています。

対外的基本姿勢


我々は、北海道で自殺対策に取り組む団体・機関が、

お互いのスタンスの違いを拒絶せず理解し合い、支援ネットワークを築くことが必要だと考える。

より多くの北海道民に向けて、問題解決に至る自殺以外の選択肢を周知すべく、

今後も他団体とのコラボ活動を積極的に行う姿勢を貫くものである。

活動メンバー綱領


我々は北海道を慈しみ、
我々は幸せに生きて幸せに死ぬことのできる北海道をつくる尊い理念を掲げ、
我々はその理念に使命感と誇りをもって、
我々は活動に邁進する者である。