組織概要


名称

自殺予防団体-SPbyMD-

本拠地

北海道札幌市北区北8条西3丁目エルプラザ2F市民活動サポートセンター内 No.282

設立年月日

2013年5月1日

連絡先

spbymd@gmail.com

理事・スタッフ

代表理事  内田貴之(北海道札幌市在住)

副代表理事 尾垣洋輔(北海道斜里町在住)

顧問理事  竹内典彦(北海道北広島市在住)

名誉補佐  内田忍(兵庫県在住)

スタッフ  土屋さつき(北海道札幌市在住)

スタッフ  木村あけみ(北海道札幌市在住)

公告

日本財団CANPAN-FIELDS

http://fields.canpan.info/organization/detail/1255280180

沿革

2013年4月 設立準備

当団体の設立に向けて、札幌市民活動団体の登録手続、設立時スタッフ募集、メールアドレス取得、公式サイト制作、などの準備期間。

2013年5月 設立

当団体を、北海道民を対象とした民間の自殺予防団体として正式に設立。

2013年6月 始動

当団体の各事業を始動。

2016年3月 自殺対策講演会を開始

自殺対策への関心を深め、自殺予防活動をはじめたい意識への変化を目指すイベントとして、当団体の普及啓発事業「自殺対策講演会」を開始。第1回目を北広島市中央公民館にて開催。

2017年1月 江別市保健センターとイベントをコラボ

当団体の普及啓発事業「自殺対策講演会」において、江別市保健センター(行政)とコラボを実施。同センター常勤保健師2名がゲスト講演。

2017年5月 SPbyMDファンクラブ設置

当団体の従来の会員制度を廃止。新たに、SPbyMDファンクラブを内部組織として設置(管轄:ファンクラブ運営チーム)。

2017年11月 法人化を見据えた組織改編

当団体の将来的な法人化を見据えた組織改編を実行。理事制度、理事会制度、社員制度、社員総会制度を新たに導入。

2018年3月 帯広市とイベントを共同主催

当団体の普及啓発事業「春の自殺予防フェア」を、帯広市(行政)の平成29年度帯広市自殺対策事業として公式に共同主催。帯広市保健福祉部健康推進課ともコラボを実施。同課常勤保健師2名がゲートキーパー講習の実技編を担当。

2018年3月 内部サークル制度導入

構成員のメンタルセルフケアの一環として、内部サークル制度を導入。

2018年3月 リコーダー同好会発足

当団体の内部サークルとして「リコーダー同好会」を発足。気軽に楽しく好きな時に集まってリコーダーを楽しむことによって、リフレッシュを図ることを目的とする。