自殺予防団体-SPbyMD-とは

自殺予防団体-SPbyMD-は、北海道で普及啓発に取り組む慈善活動団体です。幸せに生きて幸せに死ぬことのできる北海道を創るとともに、自殺対策に取り組み始める北海道民が増え続けるよう、多種多彩な活動を展開して参ります。

更新情報

2017.06.04|[公開]新公式サイトを公開

2017.06.02|[制作] 公式サイトjimdo移行に向けて制作着手


ご支援のお願い

SPbyMDの活動は、会員の会費と皆様からの資金的寄付・物品寄贈によって成り立っています。幸せに生きて幸せに死ぬことのできる北海道を自殺対策から創るために、皆様のお力をお貸しください。

よくある質問

Q、自殺予防団体-SPbyMD-はNPO法人ですか?

A、いいえ、任意団体(権利能力なき社団)です。

よくあるご質問一覧を閲覧する >


最近の活動


講演「逃げても良いんだ」

内田代表は、2017年3月18日(土)北海道北広島市にて、過労自殺をテーマとした講演「逃げても良いんだ」を行いました。電通の新人社員が過労自殺した痛ましい事件から学ぶ教訓や、女優の宗教法人出家騒動から学ぶ社会的な過労自殺防止策、逃げる行為の価値観について話しました。

(動画約19分間)


講演「新年のメッセージby代表」

内田代表は、2017年1月4日(土)新年のメッセージとして、自殺予防講演を収録し公開しました。北海道の自殺対策と民間団体の把握、民間団体同士の交流とネットワーク構築、北海道の自殺対策を盛り上げるために、この3テーマについて話しました。北海道で活動する自殺対策関係者に向けたメッセージでもあります。

(動画約24分間)


講演「生きることの意味」

竹内顧問は、2016年11月5日(土)北海道江別市にて、講演「生きることの意味」を行いました。レネ・ダイグナン監督の映画「SAVING10,000」の解説、我が国と世界の自殺問題、自殺者減少を促進できうる国民の行動、について話しました。

(動画約10分間)


お世話になっております